トップページ
会社概要
工房の紹介
オーダー家具
店舗内装工事
リフォーム/リノベー...
ご注文の流れ
お問合わせ
現場ブログ

オーダー家具
建具・大工
塗装・内装
電気・水道
左官・看板
タイル
ガラス
エクステリア
など

株式会社 アキ設計


家具製作においても機械による部品製作や量産化が多くなった今日ですが、
やはり基本には鉋・鋸・蚤など手先の延長となる優れた道具の数々があります。
伝統や基礎を大切にすることで日々培われゆく確かな技術が
製品自体の品質向上にもつながるものと、私ども辻巧芸では考えています。

工房風景)
 工房内には伝統的な木工道具・工具類がずらりと並んでいます!
 たとえば鉋(カンナ)のような道具ひとつをとってみても、 
 使用対象となる木材の性格や、どの作業工程で使うかなど
 さまざまな条件によって使い分けていきます。
 このような道具の選択も、職人の経験ゆえの技術と言えます。
 工房の一角、製作のための機械が配置されている機械場です。
 工房のなかにはいつでも木材の香りがあふれています。
 毎日を木とふれあいながら過ごす、
 そうすることで様々な種類の木材の特徴や性質を体でおぼえ
 智慧としてたくわえ、技術として活かしていきます。
 左:3mまでカット可能なパネルソー
 このパネルソーで多種パネルを適当な大きさまでカットします。
 右:手押し鉋盤(カンナばん)
 それぞれの材料が持つそりなどのクセを取りながら平らに削って、
 のちの製作行程で使いやすい木材部品へと加工します。
 左:コールドプレス
 この大きな機械はパネルをプレスする行程で活躍します。
 プレス可能サイズは3mx1.2mまで。
 パネルの芯材となる部分に専用の接着材を塗布したのち、
 化粧パネルでサンドイッチしてからおよそ2tの圧力を掛けると
 さまざまな種類のパネルをつくることが出来ます。
 右:入念なチェック
 組み上がった製品の寸法を再度こまかくチェックします。
 弊社ではミリ単位まで精緻に製作致しますのでおまかせください!
工房内の主な機械設備は以下になります:

パネルソー(10尺)・・1台  自動鉋盤・・・・・1台  ボーリングマシーン・・・1台
クロスカットソー・・・・1台  手押鉋盤・・・・・1台  穴掘り機・・・・・・・・1台
昇降盤・・・・・・・・・1台  バンドソー・・・・1台  カップ掘りボール盤・・・1台
軸傾斜昇降盤・・・・・・1台  縁貼機・・・・・・1台  コールドプレス(4尺x10尺)・・1台